別れ

手術してからもうすぐ1ヶ月。病院に診察に行った。診察の結果は問題なしで、風呂にも入っていいし、旅行にも行ってよい、水泳も大丈夫とのこと。ただし、夫婦生活はあと2ヶ月待ってください、と言われた。夫婦生活…。

そして、今後は地元の病院で診てもらうよう言われた。つまり、この病院に来るのも、先生に会うのも最後だということだ。ここで内臓をひとつ取ってもらったわけだから、名残惜しいような、ちょっと寂しいような気持ちになったけれど、仕方がない。

これも私の人生のひとつの景色だったのだなぁと思いました。

容量UP

子宮筋腫がでかくなると膀胱を圧迫するので、トイレが近くなる。手術前の私は、やたらトイレが近くて、例えば映画を見るときも、必ず前に行っておかないとソワソワして集中できないし、終わってからも行かなければ、帰路がまた不安なのだった。

しかし!手術後の私のトイレの頻度の減り様といったら!とても快適である。なんていうか、こう、腹の中で、膀胱がみなぎっている!そんな感覚であります。ほんと、手術してよかった。

腹の肉

ちょっと痩せたかなーと喜んでいたが、また体重が増加してきた。酒も飲んでないし、おやつも雪見だいふく一個(もう一個は明日のお楽しみ…)しか食べてないのに。

手術直後は、筋腫があった頃カチンコチンだった腹が柔らかくなったのですごく嬉しかったが、今は腹肉がブヨブヨしているのが気になってきた。贅沢なものだ。

腹筋を鍛えたらいいというのは分かっているんだ。でも、今、腹筋したら縫い目がブチっといくといけないし。とりあえずの策として、腹の肉をマッサージしている。効果はわからない。

見えないけれど、あるんだよ

うっすらと腹痛、生理痛の軽い感じの痛みがあり、いや、そんなはずはないのだけれど、でも数えてみたらもうすぐ生理なのだった。

ただ、卵巣はあるので、ホルモン的に、体はリズムを刻んでいるはず、しかし胸が張ったり、やたら悲しくなったりという生理前のあれがなくなった気がする。(気分が安定してるのは、会社を休んでいるからかもしれないが)

あーほんとに生理ないんだなぁ。

前言撤回

あれ?生理がきた?と思ったが、そういえばもうないんだった。

少量の血がサラサーティについていたので、一瞬驚いてしまった。縫い目からちょっと出てきたのかもしれない。

そういえば以前、子宮を全摘したことによりおりものの量が激減しサラサーティいらず。と書いたが、しばらくして色々落ち着いたのか、やはりサラサーティはあったほうがいい、という結論になった。前言撤回。この調子で、今後、異性とのあれこれと相成った折にはローションも不要であってほしい。だってローションは出すタイミングがわからなすぎる。

冬は股間が痛くなる

寒さで古傷が痛む、というのをテレビで見聞きしたことはあったが、確かに寒いと傷が痛い。

部屋が極寒なもので、ベッドに横たわっていると、マットレスの冷気が身体に染み込んできて、お腹がジンジン、さらに股間が痛くなってくる。

インターネットで調べましたら、寒いと、血行をよくしようとする、それで傷の部分がひきつれて痛いのだ、みたいなことが書いてありました。なるほどねー。

痛みを伴う排尿

また体調が回復している!

そんな喜びとともに目覚めた。腹痛は昨日よりよくなった。食べ過ぎなければもう大丈夫だ!

だけど、股間痛の方が、なんていうのかなーちょっと気になり始めた。放尿時にツンとする感じ。放尿後もツンとする感じ?こういうの初めてなんですけどー?と、インターネットで調べたところ、子宮筋腫の全摘後には排尿痛が起こることがあるそうだ。だいたい2、3ヶ月で治る、とチャームナップのウェッブサイトに書いてあった。2ヶ月…長い。

今日で退院から2週間。普通に戻るのには意外と時間がかかるんだなぁ。